土曜日, 12月 02, 2017

何となく最近フロアルールに関して思った事。

総合ルールとフロアルールの差とは何か?

総合ルールは野試合用のルールと言われている。ただ遊ぶだけならば、総合ルールだけあれば良い。
もっと言えば本当に遊ぶだけなら、いわゆる基本ルールの様な物があれば良いのだけが、難しい事があった時に総合ルールを読めば解決するのが理想的ではある。
対してフロアルールは大会用のルールである。
大会を行うならば、そのゲームはフロアルールを持つべきであろう。

では、フロアルールはどの様にして作れば良いのだろう?

まず、第一に必要なのは理念である。そのゲームは遊びとしてまったりと遊んで欲しいのか、どの位の競技性を持たせたいのか。
例えば、競技性が強いと思われているMtGでも、普段の店舗大会では楽しんで欲しいと言う理念の基にフロアルールが作られている。
グランプリやプロツアーと言った賞や高い名誉を得る事を主眼にした大会とは、ルールが違うのだ。

普段の店舗大会向けのフロアルールに於いては、罰則規定は存在しない。
何故なら、MtGの普段の店舗大会に於けるフロアルールは教導を主眼に作られているからだ。
罰則を与える事でプレイヤーが委縮するのは、そこでは面白くない事なのだ。
但し、勿論これは悪い事をするプレイヤーを許すと言う事ではない。
悪質なプレイヤーを失格にして大会から出て行かせる事は、矢張り行われる。

対して競技向けのフロアルールでは、罰則規定が存在する。
警告、ゲームの敗北、マッチの敗北・・・そう言った罰則の存在は何となく知っていると言う人もいるかもしれない。
何をしたらどの位の罰則が与えられるのか、と言う事はまずは理念によって決まる。
そのゲームをどの様にしたいのか、と言う事だ。

さて、以上はMtGの例ばかりになってしまったが、MtGはその位大きな先人なのだ。
フロアルールを作ろうと言うならば、MtGのフロアルールを読んでおく程度の事は必要だろう。
とは言え、日本の風土や文化、MtGに存在しないシステム、そう言った事が存在する以上、アメリカ生まれでMtGと言うゲームの物である、MtGのフロアルールは万能ではない。

例えば、子供に多く遊ばれる事を想定するゲームならば、子供の手に合わせてある程度以上の多重スリーブを禁止すると言うルールも考えられるだろう。
非公開領域のカードを良く扱うゲームであるならば、それに対するルールの量は多めに取らなければならないだろう。

知人のとある大会形式のプロはこう言っていた。
「本当にその大会はスイスドローで行う必要はありますか?」

重要なのは、理念なのだ。
そのゲームをどうしたいか?
もしもフロアルールを書く機会があるならば、まずはそこを考えるべきであろう。

金曜日, 3月 03, 2017

リンク集サイトを別に作りました。

https://lingciyuan.jimdo.com/になります。

このblogのリンク集は違う形に変更するかと思われます。

火曜日, 2月 07, 2017

「ひのきのぼう」量産計画。

と或る方から、全くTCGやった事が無いに等しい(子供の頃遊戯王をちょっとだけ遊んでた)レベルの方がD-0に興味を持っていると言うお話を聞きました。

Twitterでその事を呟いたら、D-0は難しいから、そこからTCG入るのは無謀だ、と言う言葉もありましたが、と或る方が遊んでいるTCGがD-0で、その方経由で興味を持ったのなら、そりゃしゃあない。そもそも自分だって、難しいって言われているMtGからTCGの道に入った訳で、D-0は確かに難しいけど、まーったくの不可能って訳ではないよなぁ、と思ったのでした。

要は、CoC動画見た人はTRPGに興味持ったのではなく、CoCに興味を持ったのだ、と言うアレと同じですね。

と言う訳で、試しに最初に触れて貰う為のデッキを組んでみました。



デッキ名: 入門者向けデッキ-緑単「ひのきのぼう」-
作成者: Miyu
(デッキ作成サイトで見る)
禁呪合計: 0
メインデッキ
【ユニット】
3×《〝造換手〟ペルガモン》
3×《〝魔眼獣〟デイン》
3×《〝九尾姫〟カズハ》
3×《大陸アルドのガーゴイル》
3×《新生獣G・ゲルマニオン》
3×《聖光の大隊長ラフィーレ》
3×《カオスビースト・ホウオウ》
3×《大巨人スルト》
3×《大巨人ユピテル》
【ベース】
3×《ワークショップ:オフィサー》
3×《侵掠拠点》
3×《大巨人の盾》
【ストラテジー】
1×《雑種強勢》
3×《命の絆》

サイドボード
【ベース】
1×《世界樹の風車》
【ストラテジー】
3×《ガーゴイル・ソウル》
3×《深緑の決意》
3×《妖魔の秘術》



詳細はD-0RSSのMEMOに書いたので、そちらを見て頂きたいのですが、いきなり「真っ当」なデッキを持たせるのは流石にあり得ないので、こんな感じで、最初の武器である「ひのきのぼう」同士の殴り合いを想定した物を組んでみたのです。

取り敢えず、と或る方にはコレを2つ投げます。

が、自分はデッキビルダーとしては、全然です。もしかしたら、現役D-0プレイヤーの皆様のお力をお貸し頂ければ、もっと良い「ひのきのぼう」が出来るかもしれません。 そこで、ちょっと募集してみようかと思います。

上記緑単「ひのきのぼう」と同等程度の良い勝負が出来るデッキを組んでください。

但し、

●いきなり複色のデッキはエネセットから難しいので、単色で
●いきなり難しいカードは使えないので、なるべく単純なカードを使う
●人に投げる事を想定している為、ノンレア・ノン禁呪で
●現在のD-0勢と遊ぶ事を考えて、レギュレーションは45Fで
●極力覚えるカードは少なめにしたいので、13*3+1と3*3+1のデッキが望ましい

辺りの条件を縛りとして課させて頂きたいと思います。

基本的にD-0RSSのデッキ登録機能を使う事を想定していますが、blog記事とかにして頂いてもOKです。Twitter知ってる方は、Twitterで連絡頂ければ見に行きます。

と言う訳で、ご興味出た方はよろしくお願い致します。

金曜日, 10月 14, 2016

温泉合宿に行けなかったので、D-0合宿を企画してみた会

と言う訳で、タイトル通りなのですが北海道の温泉合宿に行けなかったので、not温泉ですが合宿を企画してみました。
D-0勢ならビフォアからの方もFからの方も歓迎です。まだまだ初心者の方とか興味があるだけの方とかも、全然構いませんので来たれ皆様。

企画としてはとりあえずだらだらとD-0を遊んだり、だらだらと過ごそうって位です。
興味あるけど・・・ってだけの方には初心者講習会もできるかもしれません(いれば)。
その他、何か企画立てたい方は申し出て頂けると助かります。

日時:
12月10-12日
チェックイン時刻が15時なので自分はその時間には着いていようと思います。
時期的には青春18きっぷも使えたりします。

場所:
ペンション真鶴
(公式ホームページ:http://pmanazuru.web.fc2.com/ じゃらん:http://www.jalan.net/yad344637/)
JR真鶴駅より徒歩5分と言うロケーションです。
真鶴は東京駅から東海道線で95分。新幹線なら東方面なら小田原か西方面なら熱海かで下車して東海道線で何駅か行った所です。

費用:
15000円
銀行振り込み(申し訳ないのですがゆうちょの口座が無いので銀行で)。
口座はメール頂けた方にお教え致します。
全泊しない方はご相談ください。

参加希望の方、お問い合わせがあると言う方は、

miyuあっとまーくnaoh-hcl.sakura.ne.jp
(あっとまーくを@に直してください)
までメールをくださいませ。

11/13追記:

受付締切は、11月25日
振込締切は 11月30日

とさせて頂きます。


それでは、ご連絡お待ちしております。

12月08日追記:

簡単な注意です。

●重ね重ねですが、チェックイン時刻は15時です。
 自分はそれよりも前には居ない可能性が高いので、その後に来て頂けます様にお願いいたします。

●宿泊予約の名義は「こちらで振込に使った名前」です。

●荷物持って行けたら相変わらずですが、ミード持ち込むかと思われます。
 酒なり肴なりは歓迎ですが、部屋の中で調理は出来ないので、出来合いの物でお願いいたします。

●朝食は付いていますが、夕食は付いていません。
 コンビニは近くにあるらしいですし、もしかしたら店屋物取るかもしれませんが、特別食べたい物がある方は持ち込んでください。
 但し、前述の通り部屋の中の調理は禁止されていますので、よろしくお願いします。

●色々持ってくるの歓迎はしましたが、部屋に冷蔵庫は無いらしいです。

水曜日, 9月 07, 2016

FoWTCGの総合ルールをざっくり読んだ雑感。

今回のFoWTCGのルール改定は結構重いので、一通り読んではみたけど、一気に書くのは面倒そう。
ので、「総合ルール改定について。」以外の所を見て行こうかと思います。

このエントリは2016年9月1日発行の総合ルールVer.6.0を元に書かれています。量が多かったのとコピペが上手く行かなかったとので、項目番号を元に書いています。良ければ、総合ルール見ながら読んでみてくださいまし。

では、そんな感じで。



205.1a.
種族と特徴は同一なので、種族を参照する場合、特徴を参照するし、特徴を参照する場合、種族を参照する。
つまりまあ、月は月だって事ですな。

310.
待機エリアと言う風に名前が変わりました。
まあ、何でも裏向きで置けるし、最早詠唱待機ではないしね。

701.2.
メインタイミングと言う言葉の定義。
所謂MtG的な俗語でソーサリータイミングとか言われる奴ですな。
とは言え、今の所は総合ルール内でしか使われ無さそう。

705.2d.
ジャッジメント処理は能力ではないとの事。
処理なので、チェイスには置かれるし、それに対応出来るけど、能力の打ち消しとかでは打ち消せない。

803.5a.と804.4a.
攻撃しているJ/リゾネイターとブロックを行っているJ/リゾネイター、ブロックされているJ/リゾネイターが、そうでなくなるケースがあって、それについて。
J/リゾネイターでなくなったり、攻撃力や防御力を失ったり、場を離れたり、そのコントローラーが変わったりしたら、そうではなくなる。
って事は、Jルーラーがリゾネイター化したりしても、そのままなのかー、とか思ってみたり。そんな事には中々ならないだろうけど。

804.5.
戦闘を行っている状態の定義。
J/リゾネイターはJ/リゾネイターと戦闘を行っている状態になることがあるらしい。

903.2e-i~903.2e-v
見た感じ分かりにくいけど、これはプレイ時の所謂「コストの決定」に関する話かと思われるのです。
FoWTCGではコストと言った場合、ウィルの支払いをどうするか、のみを決定するので、コストと言う言葉を使わないで、行動としているのですな。

内容をざっくりと言うと、

1.まず、行動の内容や数量を他の内容に変更する効果を適用。
2.コストを支払わずにプレイする、と言う時はコストを支払う行動を取り除く。
代替コストとして0を支払うのではないのが面白いです。
3.増加を適用。
4.減少を適用。どこを減少させるかをここで決定。
5.実際の行動が決定される。この後に何かあっても、その内容はここで固定されている。

で、903.2fで実際に行動を行うのです。

909.1f.
持続効果の適用後に攻撃力や防御力が100の倍数になっていなかったならば、適用後の値を100の倍数に切り上げた値として扱う・・・らしいけど、こんな事起こるのかなあ。あ、半分って言う言葉が使われると、なるのか。

1002.2.~1002.2a.
アディションが設置できない場合には、元のエリアにとどまる。
アディションを場のカードに設置する行動は、そのカードを対象としない。

装備能力とかがそうなのですかね?

160908追記
装備は対象取るっぽく。装備の所に書いてありました。


ただし、これはプレイの場合の話ではないので、1406.2aにある様に、分類を持つアディションのうち、[アディション:フィールド]でない物はプレイの際に対象を取るのは変わらないのでした。

1017.1d.
コピーする物が実際にコピーする段階でその領域にない場合、そのコピーが行われないとの事です。

1204.
新たなルール処理として、端数処理が加わりました。
ライフポイントの値が100の倍数でなくなった場合、現在のライフポイントを100の倍数に切り上げた値に変更する、との事。

1400.~
旧ルールおよび表記。
一通りさらっておくと良いかも。
特に詠唱周りとアディション周り。



とまあ、かなりざっくりとした感じでお送りしましたが、雑感なので、と言う感じでお許しを。

水曜日, 8月 24, 2016

フルコンプ女子会に行って来ました。

日曜日は、フルコンプ立川南口店の女子会にお邪魔して来ました。
久々に真面目に女装したよ・・・普段は適当な格好なのに、化粧してスカート履いたの久々や・・・。

大会の運営に関しては申し分なく見えたのですが、細かい点でちょっと減点ポイントが幾つか。
もう少し、交流会運営に人を割けると良いのになぁ、と言う感想でした。

とは言え、とは言え。

バボカのティーチングを真面目に受けてみたり(何しろTCGのへやで半分放り投げられ的に知り合いのデザイナーさんから受けた奴しか受けた事無かった)、モダンのデッキはあるけど、遊ぶ相手があんましいない、と言うMtG女子(緑単のちょっと遅めなカンパニー系のデッキに対して感染を持ち出してしまってすまんかった)とお友達になれたり、Z/X初心者なんですけど色々な元素の入ったデッキが組みたいんです、と言う方と対戦したり(彼方は元より、此方もメタルフォートレスでした)、と中々濃い時間を過ごせました。
全体的に見て楽しかったですよ。

UNO大会とかも毛嫌いせずに飛び込めば良かったのかなぁ、と思いつつ、ちょっと真面目にやると怖い雰囲気が出がちな人なので、UNO大会には人が来ていた事もあり、横でまったりTCGやっていました。

VGとYGOの大会が開かれていた事もあり、その2タイトルの人はかなり多めでした。
フルコンプ女子会的なマイナーTCGへのサポートもして欲しいなあ、と思いました。

今度はZ/XとMtGの他にもデッキ持って行こうかな、とか思いつつも、WSとかいつのだよって言うデッキしか無いんだよぁ・・・。
後、MtG女子がもう少しいると良いな、とか思ってはいるのですが、MtG「も」出来る女子の方が良いよなぁ・・・そんな人中々知り合いにおらんぞぃ。

日曜日, 5月 22, 2016

同人TCGで遊んだよ!!

少し前に、同人TCGを遊ぶ会的なのに参加して来ました。

遊んだのは、

LivingVictory
CONFLICT of SAVIORS
クロックワークメモリオン

の3種類。リンクは横のリンク集に貼りましたので、参照で。


【LivingVictory】

所謂コストシステムを使った遊戯王、と言うよりは第一印象は3列同士の正面殴り合いな銀トラかも。
面白いのは、マナシステムを使っているのだけれども、基本的に1枚1マナでは無い点。
1枚につき数マナ生まれるのがザラで、D-0みたいに、ダメージもマナとして使えるルール。
但し、ダメージも枚数ではなくマナ数で数えるので、結構すぐ死ねます。

山札からダメージへのめくりがあるゲームなのですが、トリガーチェック的な事が無いのは、狙っての事なのかな? システム的にめくりがあって、しかもそんなにテンポ悪くないので、そこで逆転要素入れてみても良いかも、と思いました。

基本的には面白いです。ただ、良くまとまっていて、破天荒さは感じられない行儀良い一品。


【CONFLICT of SAVIORS】

正面のみに殴れる奴。前後の感覚があるのは、もしかしたら場所の概念のあるサイファとかに近いのかも。
但し、フィールドの形が結構特殊。イメージとしては、場所の概念のあるGWの地球エリアと宇宙エリアかな?
元々キャラクターがいて、前線のエリアに出して行く感じなのですが、基本的に1段階進化なのは、何となくヒーローバンクのヒーロー着を思い起こさせました。
コストシステムとして、アンジュのシフトを採用しているので、高コストの物も無駄にはならない感はある。
レアリティと言う概念をレアリティとしてではなく、ソシャゲ的なレベルとして使うのは、面白いアイディアだと思いました。

遊んでみた感じ、ちょっと煩雑かな? 悪くはないけど、自分にはちょっと合わない感じだったかもしれません。


【クロックワークメモリオン】

問題作。いや、上記2ゲームはデザイナーさんがその場にいたのですが、これはサイトを見ながら。
基本的には、FoWTCGのルーラー的な奴や、クリーチャー等のテキストに空白があるのを、エンチャントした文字で埋めて行くと言うシステム。「xxxのxxxを公開する」みたいなのに「対戦相手」とか「手札」とかをはめ込む感じですね。
戦闘を良くある感じにMtG風にしたのも、そのシステムに集中させる為と考えればまあ、正しいかとは思う。
だけれども、サイトが兎に角分かり辛い。動画見るの前提と言うのがちょっと厳しい。
ルールだけでも通しでルールが見れる環境が欲しいですね。
ので、ルールが殆ど分からず。折角の良いアイディアなのに勿体無かったです。



※個人的に、色々と同人TCGを遊ばせてくれるデザイナーさん等を募集しています。自分はプレイヤー気質ではないので、深いバランス取り等は出来ませんが、軽く遊んで率直に感想を言う位は出来ます故。よろしくお願いいたします。