火曜日, 4月 01, 2008

WSのジャッジ試験に関して。

ヴァイスシュヴァルツのジャッジ試験に関して詳細が発表されましたね。

試験内容:

筆記試験(総合ルール・フロアルール・一般常識・小論文)
面接(1次は集団面接・2次は社長自らの個別面接)
体力測定(主として踏み台昇降運動)

なおジャッジ経験者はそのジャッジを統括する団体の推薦がある場合、上記の代わりに特別な試験が行われます。

試験内容:

面接(社長自らの個別面接)
一芸試験(注意:無限回収は一芸には含まれません)


(改行位置等編集しました。ご了承下さい)

多分自分は一芸試験の方になるかと思うので、ディメンション・ゼロの総合ルールの暗唱で臨みたいと思います。だいぶ忘れているので、覚え直しておかなきゃ・・・。

3 件のコメント:

しろ君 さんのコメント...

一芸って…物真似とか?
まぁ一般応募ジャッジは心配する事はなさそうですけど…見てみたいとは思うのですw

Nakaji さんのコメント...

何か、ジャッジ試験なのかブシロードの入社試験なのか、区別が付かない内容ですね。履歴書と業務経歴書も必要なのでしょうか? 健康診断とかあるのかな? 一般常識はSPIか何かで、性格診断も含まれた内容なのかな?

小論文は、アクエリだとジャッジからレフリーに昇格する際の試験では課せられていました。WSだと最初っからなんですね。
体力測定を入れているのもポイント高いですね。イベントでフロアジャッジをやる場合、長時間立ちっぱなしなので、体力は必要ですから。多分、俺はこれで落とされるけどな。
あと「社長自らの個別面接」って奴は、圧迫面接をやるっている予告に等しいですね。

良く出来た試験項目だと思いますよ。
一芸試験には、アクエリ・D0・プロレヴォ・WSの4面指しで望もうと考えています。その前に、アクエリのジャッジ統括団体から推薦を貰わないと。

Miyu さんのコメント...

コメント欄が既に四月一日なのかマジレスなのか分からないのですが(笑)

まぁ、ここにコメントが付く事自体が四月一日ですかね。